汤姆在线 最近中文字幕在线完整视频 嘟嘟影音网站 无限资源在线观看中文 汤姆在线观看影视 午夜剧场 骚虎视频 汤姆猫网站 两个人的视频全免费观看在线 汤姆猫叔叔御用 汤姆影视在线观看 两个人的视频全免费观看在线 无限资源在线观看中文 好男人视频在线电影 无限资源免费韩国日本 最近中文字幕在线完整视频 影院在线 木瓜影院 优优在线 汤姆在线观看影视 汤姆高清 嘟嘟影视网站是多少 汤姆视频官方网站 韩国午夜片线观看 禁啪啪午夜剧场 青苹果乐园影院免费 御用导航提示页面汤姆骚虎 tom汤影院在线 中文在线 在线看免费韩国 两个人的免费视频完整版 中文字幕高清在线电影 嫩草官网 私人官网影视 两个人的免费视频完整版 日本伦理剧在线观看

これまでもこれからも、様々な表現者が集まる自由な街~歌舞伎町。
日本最初の「トーク」ライブハウスは、その記憶と殘像と未來をリアルに感じる場所。

 新宿の片隅で営んでいたライブハウス「ロフトプラスワン」が歌舞伎町に移転したのは1998年のことだった。日本初のトーク専門のライブハウスとして95年にオープンした當初は全くお客さんの來ない日もあったが、タブーなき言論空間としてサブカル、政治、エロ、オタクなどあらゆるジャンルのトークライブを日夜繰り広げているうちに、その存在は徐々に口コミで広がり、「新宿サブカル御殿(中森明夫)」「オタクの聖地(唐沢俊一)」「亂闘酒場(鈴木邦男)」など様々なキャッチフレーズで呼ばれるようになっていた。特にオープン當初、あらゆるジャンルの有象無象が入り混じった混沌とした空間は、當時から出演していたリリー?フランキー氏から「文化のドブさらい」とまで言われていた。そのロフトプラスワンが、あらゆる人間の夢と欲望が渦巻く、アジア一の歓楽街?歌舞伎町に移転したのは、ある意味必然的な流れだったのかもしれない。

 98年當時の世紀末ムード漂う歌舞伎町の街には、象徴的な存在だったコマ劇場が連日、北島三郎ショーなどの公演を打ち、晝間は地方から多くのツアー客が訪れる一方、夜になるとコマ劇の裏に退廃的な若者達が行くあてなく漂う光景があった。その隣の林ビルの地下2階には老舗レゲエクラブの「キングストンクラブ」があり(さらにさかのぼるとそこには「木馬」というジャズ喫茶があった)、その跡地にロフトプラスワンが入ったのだ。周辺には名曲喫茶「スカラ座」や歌聲喫茶「カチューシャ」もまだ健在だった。戦後の闇市から始まったという歌舞伎町は、演劇、ジャズ、フーテン、全共闘、ディスコ、ギャングなど、若者文化の変遷を辿ってきたが、その刺激的な場所に自分が足を踏み入れたことに當時興奮したことを今でも憶えている。

 移転後のロフトプラスワンは、それまで50人も入ればいっぱいだったキャパシティが一気に150人に増え、コマ劇場の隣という地の利もあって少しずつ知名度を上げていった。とはいえ、アンダーグラウンドな雰囲気は相変わらずで、むしろ今まで知る人ぞ知る存在だったものに光が當たることで、その陰影がよりくっきりと浮かび上がる感があった。特にエロのジャンルについては、歌舞伎町という日本一の風俗街に來たことの効果は絶大だった。當時2大風俗誌と言われていたMANZOKUとナイタイがそれぞれ冠イベントを打ち、人気ナンバーワン風俗嬢とお客さんが野球拳をして盛り上がる光景を見ながら、人間って素晴らしいって思ったものだ(笑)。

 私は常々サブカルチャーにとってエロと政治は欠かせないと思っているのだが、政治?社會問題をテーマにしたイベントもロフトプラスワンでは數多く開催されている。常連出演者である社會學者の宮臺真司氏は、テレクラでフィールドワークを行い(當時、歌舞伎町にはいたる所にテレクラがあった)、コギャルに代表される世紀末の若者文化を「終わりなき日常」というキーワードで分析した。ヘアヌードの仕掛け人と言われた高須基仁氏もプラスワンの常連出演者だった。高須氏は殘念ながら昨年病気のため亡くなってしまったが、彼が主催する「熟女クイーンコンテスト」はプラスワンの名物イベントとして実に25回行われ、出演した熟女女優はのべ200名近くに及んだ。高須氏は、毎年10月21日にこのイベントを開催することにこだわっていた。なぜなら、この日は國際反戦デーとして1968年には新宿騒亂があり、翌69年には高須氏自ら防衛庁に突入して逮捕された日でもあったからだ。學生時代は全共闘運動に身を投じていた高須基仁氏はイベントの最後に必ず「平和な世の中だからこそこうしたイベントが開催できる。テロよりエロ、戦爭より平和!」と演説をぶっていた。

 ロフトプラスワンが歌舞伎町に移ってから22年になるが、その間、様々な出來事があった。世間を騒がせたロス疑惑で収監されていた三浦和義氏が出所後初のイベントを開いたこともあれば、映畫「靖國」の上映會に全國から右翼団體が集まったことも(その時は緊張感しかなかったが)今となっては思い出深い。故?若松孝二監督が映畫「三島由紀夫と若者たち」の撮影を店で行ったこともあった。ロフトプラスワンが毎日毎晩エキサイティングなイベントを開催できるのは、歌舞伎町という街の持つ熱気に當てられているからだと思うことが時々ある。コマ劇もスカラ座もカチューシャも今はなくなってしまったが、そこに多くの人達が集い、同じ時間を共有していたという事実、その記憶と殘像はいまもここでリアルに感じることができる。歌舞伎町に來るというのは、その歴史の一部を生きることでもあると思うのだ。歌舞伎町へよォーこそ。

(文:加藤梅造/ロフトプロジェクト代表)


LOFT/PLUS ONE ロフトプラスワン

[電話] 03-3205-6864
[住所] 新宿區歌舞伎町1-14-7林ビルB2
[営業] ライブにより変動

新宿情報発信基地。1995年、日本最初のトークライブハウスとして オープン。硬軟取り混ぜたあらゆるジャンルのトークライブを毎晩開催中。 収容人數 150人




新宿 LOFT Zirco Tokyo
03-5272-0382
[住所]歌舞伎町1-12-9 タテハナビルB2
[営業時間]ライブにより変動
"ROCKIN'COMMUNICATION" 言わずもがな、1976年より新宿でロックシーンを見続けてきた老舗ライブハウス
03-6278-9190
[住所]歌舞伎町1丁目2-5 東陽ビルB2F
[営業時間]各公演の開催時間に準ずる
新宿區役所の目の前にある最新設備のライブハウスです。 広々としたBARラウンジに完全分煙ながら広い喫煙所も設置。
新宿 BLAZE 新宿 RUIDO K4
03-5155-5990
[住所]歌舞伎町1-21-7 新宿アネックス B2F
[営業時間]イベントごとによる
アイドル、ビジュアル系、ほかオールジャンルの音楽が楽しめる歌舞伎町で最大のライブハウス。
03-5292-5125
[住所]歌舞伎町1-2-13 新光ビルB2F
[営業時間]13:00 - 22:00
ルイードの伝統を継承しつつ、次世代に向うライブハウスとして、上質のエンタテイメントを提供。
Marble 新宿 ACB HALL
03-5272-3558
[住所]歌舞伎町2-45-2 新宿ジャストビルB1F
[営業時間]14:00 - 22:00
音楽、お笑い、アートなど、様々な、自由な表現が集う非日常的な場所。
03-3205-0901
[住所]歌舞伎町2-36-3 アシベ會館B2
[営業時間]不定期 / 開催ごと
數多くの有名アーティストを輩出し続けてきた。2018年に50周年を迎えた老舗ライブハウス。


a片无限看- 无限在线观看免费 骚虎视频官方-房事视频免费看 四虎视频官方-女人本色高清视频 午夜视频官方-24小时日本在线视频 野花在线官方-影视大全 久草视频入口-嫩草视频官网 小草视频入口-两个人观看野花免费视频 嫩草视频入口-大片免费视频 好大哥视频-好大哥dgdg